飛行機と少女シリーズ28 九五式水上偵察機

 九〇式二号水偵の後継機を得るべく、昭和8年度の『八試水上偵察機』
の試作計画に基づき、愛知、川西、中島の3社による競作審査が行われた
結果、手堅い設計の中島機が昭和10年9月に九五式水上偵察機として正
式採用された。
 艦船、基地部隊への就役が本格化したところに日華事変が勃発、主とし
て水上機母艦搭載機による大陸沿岸部における活躍ぶりは、まさに海軍航
空隊のいっぽうの雄であった。
 本来の偵察はもとより、小型爆弾による艦爆まがいの正確無比な降下爆
撃、軽快な機動性を買われての防空、援護戦闘機の役までこなし、実際に
20機ほどの撃墜記録を残している。のちに、世界でただ独り水上戦闘機
を実用化したのが日本海軍で、その発想を思いついたのはこのときの九五
水偵の実績に触発されてのことだといわれている。
 太平洋戦争開戦当時にもなお、複座水偵の主力機であったが、17年夏
ごろには後継機零式観測機と交代して逐次第一線から退いた。しかし、内
地の各航空隊などではその後も終戦まで使われている。
 昭和15年までに約750機も作られた。この種の機体としては異例の
多さであり、本機が海軍内でいかに高い評価をうけていたかを示している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 BGMは『南国人魚姫』がいいかもしれません。マジカルエミを見てい
た人にしかわからないかもしれませんが。
 たぶんクレーンだと思うかもしれませんが、女の子が乗っているはカタ
パルト(日本海軍では射出機と称した)です。(かなりいい加減に描いて
ますが)

                       ECM

戻る

inserted by FC2 system